スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.01 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ポインセチア


我が家の近所にある「カフェレストランきゃびん」さんでは、僕の作品を常設展示してくれています。

先月までは、水面に浮かぶ木の葉を描いたF80号の秋の季節を感じる作品を展示していましたが、小雪がパラパラと降り始めた12月に入ったので、12月っぽい作品を・・・と考えてポインセチアの花を題材にして描いてみました。

F40号の画面いっぱいにポインセチアの真紅と白の花を描いたものですが、このまま額装しての展示では面白味に欠けると思い、以前に試みた方法で額装、展示しました。


ちなみに、花と思われる部分は実際は苞(ほう)と呼ばれる部分で、花を保護する葉のようなものだそうです。ドクダミやミズバショウなどの白く見える部分がそれにあたるそうです。




展示の画像は次回UPいたします。

チャリティー小品展

 
今年も「けやきの会年末年始特別企画チャリティー小品展」に出品いたしました。

今回は、東日本大震災の復旧復興を祈念し、売上金の半額を「日本ユニセフ協会東日本大震災緊急募金」に寄付するものです。

僕の出品作品は、秋の景色から吾亦紅と秋桜を描いたF1号サイズの2作品です。

展示期間は、12月1日から2012年1月31日まで
会場は、「ギャラリースペースけやきラウンジ」
岩手県花巻市東和町安俵東和図書館内
0198-42-3205


僕のを除き、秀作が出揃う小品展です。お近くの方は、ぜひご覧になって下さい。
そしてチャリティーにもご協力の程お願いいたします。

感動するばかり!

                     過ぎてしまった事なんですけど、僕の大好きな画家である藤井勉さんの作品展が、岩手町の石神の丘美術館で11月6日まで開催されていました。

僕は、11月5日に会場へ行ってきたのですが、画集でしか拝見出来なかった沢山の実物の作品群に対面し、感激して1人舞い上がって見入っていました。

そしてさらに、今回の作品展では展示室の手前のロビーに、現在制作途中の「海と潮の神話」という作品が飾られていました。

この作品は、3月11日の大震災により被災された陸前高田市のホテルに展示されていた作品が行方不明となり、藤井さんが被災地の人々の再生を願いつつもう一度見てもらおうと再制作している作品です。

僕も、2002年にその作品をホテルで見たことがあったので、その作品の復活を祈りながら藤井さんの熱い想いにただただ感動するばかりです。

39番「春三景」


花巻市東和町土澤商店街は、人と人とのぬくもりを感じる昭和の香りがするレトロな町並みの商店街です。

その土澤で行われている「街かど美術館アート@つちざわ」

お店に用事の無い人も、作品を見るために平気で中に入っていく。
お店の人も、「どうぞどうぞこちらにあります。」なんて案内してくれる。
「じゃあ、お邪魔しまーす。」・・・と、こんなやり取りだけでもとても楽しい美術展です。

僕の作品は、商店街の通りに面した民家の8畳の和室にイーゼルを立てて展示しています。
窓サッシを開けてもらっているので、中を覗き込むような形で作品を見ていただいてます。

春の情景を描いた3点ですが、水辺に咲く桜をモチーフにしています。

画面には、桜の花びらが水面に浮かんでいるので、作品を乗せたイーゼルの下の和室の床に、作った桜の花びらをパラパラと散りばめておきました。




アート@つちざわ

                  花巻市東和町は人口1万人程度の小さな町ですが、中でも土澤地区は、萬鉄五郎の生誕地という縁から、毎年町ぐるみで芸術的なイベントが行われています。

今年も「街かど美術館アート@つちざわ」が開催されています。

招待作家、コンペティション作家を含む110名の芸術家が、町のいたるところで作品を発表しています。
平面作品、立体作品に限らず、映像作品、空間作品、音響作品等の芸術作品が、商店街の雑貨屋、酒屋、薬屋、食堂、お菓子屋、銭湯、理髪店、写真館、倉庫、土蔵、お寺、神社、公園、城跡、空き家、廃屋、等など80近くのポイントに散らばっています。

とても一日では周りきれない位の作品たちに出会うことが出来る面白い企画です。

週末には、街頭パフォーマーやゲリラライブ、ミニコンサートなどのイベントも企画されています。
詳しいことは、同タイトルHPをご覧下さい。

ちなみに、私も参加しておりますが、展示会場39番「春三景」と題して、F40号の桜に纏わる作品を3点展示しています。
商店街の通りに面した民家の和室をお借りして、イーゼルに乗せての展示です。


とにかく、見て歩くだけでも本当に楽しい企画です、可能な方はぜひお出かけ下さい。


 


作品展が終了して・・・

作品展が終了してホッとしています。
大小合わせて37点(4枚組みの作品は1点として)の作品を展示させていただきました。
本当に沢山の方々においでいただきました。心から感謝申し上げます。

作品展を開くことは、自分の良さを見ていただくと共に自分の恥もさらけ出す事だと言われましたが、まさにその通りだと思います。
自分の作品を一堂に並べて見直す機会はなかなかありません。こうして作品展を開くことで作品を描いているときは気づかない面が見えてくると思います。
また、作品展を開くことは、自分の階段を1歩上がる事だとも言われました。
改めて自分を省みたり、今後の作品づくりの構想を考えてみる事なども、作品展を開いたからこそ見えてくる気がします。


作品展を終えて今の心境は、何か新しい事に挑んでみたい・・・そんな気分です。
自分を支えてくれてる多くの方々に感謝と敬意を込めて新たな作品づくりに励みたいです。




作品展まであと僅かです

                   いよいよ作品展が間近になってきました。

まだだろうと思っていたのに、あっという間に月日が流れて開催までもう日にちがありません。

案内状を作り、やっと発送したばかりですが、どの作品を展示するのかまで決めていません。

作品目録を作らなくてはいけないのに、自分の事ながらのんびりしてていいのかなあ?


作品展は、自分自身の精神面、技術面の向上の為にするものと思っています。
だから、沢山の方たちにご覧いただき、ぜひともご指導や厳しいご指摘をいただけたら嬉しい限りです。

まだまだ挑戦です。

  さらさらと筆のタッチを活かして描いてみたかったのですが・・・。


顔の部分にばかり手を入れすぎたみたいです。

椅子はもっと色を入れて強調させて画面を安定させた方がいいようです。

洋服やパンツの陰の部分にはもっと違う色を入れた方がいいみたいです。

バックには彼女のイメージからホップの葉を描いたのですが、もっと明確に表現すべきですね。


もっともっと沢山の作品を描いたら、容易にまとまりのある表現が出来るのかなあ・・・。
それとも元々才能がないのかなあ・・・。


このブログを見た方はどう思われますか?




とにかく、まだまだ挑戦です。



(9月7日からの個展まで、あと1ヶ月を切りました。大丈夫かなあ・・・・。)



F10  53.0×45.5


人物画って難しいな

人物を描くとどうしても写真っぽく描いてしまいます。

顔にも正面や側面の区別があるはずなのに、そんな表現が出来なくて・・・。

例えば、この美術ブログ村ではいつも上位ランキングのデルフトブルー☆クラゲさんのような表現が出来なくていつも悩んでいます。どうしたらあんな表現が出来るんでしょうね。

もっと水彩の色やタッチを活かした表現が出来ないものかといつも挑戦しています。


9月に自分の個展を控えていますが、一枚でも多くの納得できる作品を揃えたいと思っています。


F10 53.0×45.5

人物画

久しぶりにブログの更新をしました。


人物画って本当に難しいですね。

技術的には、肌を表現する時の色使いがまだまだ分からないですね。

モデルさんに似せて描くとかではなく、モデルさんから発する雰囲気を表現できたら、それが本当の作品だと思います。
表現できるには数多くのデッサンを描き重ねていくしかないのでしょうね。


このモデルさんは、韓国からの留学生でイ・ハヒョンさんという、とても可愛い方でした。


F8  45.5×38.0







calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ぜひ、下の[水彩画]のバナーをクリックして下さい。私のブログがランキングにカウントされます。ランキングが上位になると、ブログが沢山の方にアクセスしていただき易くなります。どうぞ宜しくお願いします。

ポチッとしてにゃ

「comments」または「CT」の文字をクリックするとコメント通信欄になります。

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

書いた記事数:119 最後に更新した日:2015/07/22

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links